« インテリアコーディネーター | トップページ | アロマでリラックス ☆ »

2007年2月17日 (土曜日)

めざせ!インテリアコーディネーター

先日、インテリアコーディネーター試験合格通知が届きました。

嬉しさと同時に、までの苦労が次から次に思い出されてきました。

去年は、寝る間も惜しみ、一発合格を目指していました。

ところが結果は、2次試験で不合格。

1次試験(学科)は、販売、技術の両科目を合格できましたが、

全くの自信は無いものの まぐれ合格 を願っていた訳です。

でも、まぐれは無かった・・・

分かっていても、相当落ち込みました。

今までにない努力勉強沢山の時間を費やしたのに・・・

一時は、次年度の受験を諦めました。

でも、多額の授業料も掛かっているし、今までの大切な時間を無駄にする気がして、思い直しました。

今回は二次試験だけ。

去年より楽なはず。

結局、本格的に図面を描きだしたのは 1ヶ月位前 でしたが(汗)

それまで、前回からの心の葛藤が何度もあったからです。

最終的に、第23回(前回)は、約60枚

第24回(今年)は、約40枚描きました。

合計100枚

その結果、簡単な書き込み忘れ が少なくなりました。

何とか要領をつかんだ感じです。

一般的に、30枚描くと合格ラインの図面が描けると言われていますが、私はそんなに器用じゃなかったわけです。

でも、試験会場って独特な緊張感があるので ○○枚描けば合格ライン っていうのは無いと思っています。

試験開始。

小さなミス(記入漏れ)をしない(塵も積もれば・・・)

・問題をよく読んで、思い込をしない(一つ大きなミスをすると、そこでOUTです)

この二つを心がけました。

私の場合、大きなミスと取られるか、こんな場合もあると理解してもらえるか瀬戸際の部分があったので、凄く心配でした。

その結果を知る事は出来ないけれど、まぁ何とか合格ラインだったのでしょう。

これから インテリアコーディネーター試験 を受ける予定の方。

緊張しないコツ を掴んで望んで下さいね。

まずは、自分で納得できるまで勉強して、描き過ぎ! と思える位の図面を描いて自信をつけて望んで下さい。

自信はきっと、結果になって現れると思いますから。

そして、資格取得した今、私も 次のステップへの努力 をしなければいけません。

|

« インテリアコーディネーター | トップページ | アロマでリラックス ☆ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: めざせ!インテリアコーディネーター:

» 有名大学に1発で合格できる情報 [予備校では教えない受験合格術。]
第一志望合格率100%の進学塾塾長が合格するまで徹底サポート。 [続きを読む]

受信: 2007年2月17日 (土曜日) 13時15分

» ピンポイント学習 宅建業法 [宅建]
免許の有効期間  免許の有効期間は5年で満了日の90日前から30日前の間に更新しなければならない。 営業保証金 ①国債証券→額面の100% ②地方債証券、政府保証債券→額面の90% ③その他すべて→額面の80% クーリングオフ 業者から書面で告げられた日から8日間経過するとクーリングオフはできなくなる。 報酬額の制限 ①200万円以下の売買・・・限度額5% ②200万... [続きを読む]

受信: 2007年2月17日 (土曜日) 15時53分

» インテリアコーディネーターを目指す女 [インテリアコーディネーターを目指す女]
某ショールームで働いています。 仕事でインテリアコーディネーターをとるように言われて、 いま勉強をしています。 [続きを読む]

受信: 2007年2月21日 (水曜日) 16時20分

» 2次試験 [インテリアコーディネータ@試験]
インテリアコーディネーター試験の2次試験に関する情報です。 [続きを読む]

受信: 2007年3月11日 (日曜日) 07時26分

» インテリアコーディネーター試験 [インテリアコーディネータ@試験]
インテリアコーディネーター試験に関する情報です。 [続きを読む]

受信: 2007年3月11日 (日曜日) 08時35分

» 更正登記 [宅建]
登記に記載の漏れや間違いがあった場合に、内容を訂正するために行う登記。たとえば、登記簿の土地面積と実際に測量した面積が異なっていた場合に行うのが「土地地積更正登記」。その場合は、土地家屋調査士に依頼して地積測量を行い、永続的な境界石などを設置することが前提になる。必要書類としては、地積測量図や境界確認書などがある。更正登記を行う場合、不動産1個につき1000円の登録免許税がかかる。 ... [続きを読む]

受信: 2007年3月21日 (水曜日) 01時34分

» 共有名義 [宅建]
1つの財産を1人で持っている単独所有に対して、1つの財産を複数の人で共同所有することを共有という。不動産を共有する場合は、共有者それぞれが負担した割合(出資比率)に応じて持ち分(共有持ち分権)を登記する。これが「共有名義」。共有者は単独で自分の持ち分を第三者に売却することができる。ただし民法では、住宅を建て替えたり売却するなど、共有物全体の変更や処分の場合には共有者全員の同意が必要とされている。 ... [続きを読む]

受信: 2007年3月21日 (水曜日) 12時09分

« インテリアコーディネーター | トップページ | アロマでリラックス ☆ »